効率性の高い給湯器

庭の芝

給湯器には昔からの技術を利用した形式や、最新の給湯方式を採用した形式があり、時代と共に進化しています。 従来の給湯器はガスによる水の燃焼でお湯を作るという形式ですが、そこから進化した給湯器は従来は排熱として捨てていた熱を再利用することで高効率な給湯を実現した製品が主流になっています。 その他にも空気中の熱をヒートポンプという技術を利用することで効率的に熱を吸収し、給湯の熱源とするヒートポンプ式給湯器も採用事例が増えています。さらにはガスの燃焼により発電し、発電により発生した熱を給湯用に使用することで、電気と給湯供給を同時に行える機器も発売されており、エネルギーの効率的な運用ができる給湯器が開発されています。

省エネ志向が高まる中で、給湯器においても、エネルギーを組み合せて使うハイブリッド仕様のものが、急速に増えています。 エネルギーを組み合せた給湯器として、現在最も出まわっているのが、潜熱回収型ガス瞬間式と電気ヒートポンプを組み合せた給湯器です。 これは、基本的には、効率のいい電気ヒートポンプによって給湯し、電気需要がピークとなる時間帯には、ガスを使って補うといったかたちのものです。このように電気とガスを組み合せて、互いに補い合うことで、総合的な効率が高くなる上に、これまでの貯湯式の弱点でもあった湯切れの問題も、同時に解決をはかっています。 給湯器における、こうしたエネルギーのハイブリッド化の流れは、今後ますます広がっていくことが予測されます。